天空のお茶

標高450メートル、天空の茶園。お茶本来の旨みは、億単位の微生物と共存する30年以上、無農薬の土から。

お茶づくりは、土がいのち。奥八女と呼ばれる福岡県八女市黒木町にある標高450メートルの山頂に拓かれた「天空の茶園」では、30年以上前から農薬や化学肥料を使わないお茶づくりが続けられています。畑がふかふかとやわらかいのは、億単位の微生物が生きる証。その豊かな土に育つお茶の木には、山の厳しい環境にも耐えて育つ力が備わっています。

「天空の萌黄」「天空の深緑」の茶葉は農薬・化学肥料不使用の「かなやみどり」の中でも一番茶だけを使用。希少な品種で、お茶を淹れると、渋みの後にまろやかな甘みが広がり、最後はすっきりとした風味が残ります。天空の茶園と、こだわりの素材。2つの出会いが、お茶本来の旨みを叶えました。

天空のお茶 ご購入はこちら

天空の萌黄
茶葉を蒸して乾燥させただけの摘みたての若葉の爽やかな渋みが特徴の浅蒸し茶です。
目覚めの一杯やリフレッシュしたいときに。

購入する

天空の深緑
「天空の萌黄」を丁寧に煎って香ばしさを引き出した、深みのあるまろやかな甘みとほどよい渋みが特長の中蒸し茶です。お茶だけで、またお菓子とともに。

購入する

天空の深緑
《ティーバッグタイプ》
天空の深緑がティーバッグタイプになりました。ご家庭だけでなく職場、海外、出張先、旅行先などで手軽に本格的な緑茶のおいしさを楽しめます。

購入する

天空の焙茶
1番茶の茶葉を使用した贅沢な焙茶です。香ばしさとコクのあるまろやかな甘みをお楽しみください。

購入する

天空の碧
優雅な香気と甘みのある濃厚な滋味の「かなやみどり」と、色沢が明るく冴えた鮮緑色の「さえみどり」をブレンド。携帯に便利なスティックタイプの微粉末茶です。

購入する

  • Facebook
  • Instagram
  • メディア掲載情報